刹那の鬼神

三国志大戦日記。 魏オンリーデッキで頑張る日々♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

モチベーションアップアップ!

今週は大阪行ったり東京行ったり千葉に行ったりと出張尽くし・・・・。
自分の時間なんてないに等しい1週間でした(爆
でもそんな私に一筋の光が・・・・。

三国志大戦3快調製作!!

最近の大戦事情では何かと不運続きでモチベーションが下がってきていた今日この頃ですが、一気にモチベーションアップ!!!
これはやるしかないですね(≧∀≦)
なんとかして時間を見つけて目指すは覇者!!

さてさて、話は変わりますが・・・・先日旧友から、
「最近小説書いているか~?」
とのメールが届きました。
書いていますよ?
ボチボチですが(爆
大戦3の張春華の画像を見てかなり創作意欲も湧いていますよ~(≧∀≦)
小説も書きたいけど、大戦もしたい・・・・。
その前に名古屋に帰りたい・・・・(爆
頑張って時間を作っては、大戦と小説と頑張りますよ~!!
あっ、無双もwww

まだ完成していませんが、張春華主体の小説の序章を載せて置きます。
序章の割にはかなり長いですが(^^;)
かなり気恥ずかしいものになっていますので、興味のない方は・・・・見ないほうが御身のためですぞ!(爆
まあ見てやるよ、という勇気の持ち主様・・・・続きからどうぞ(´・ω・`)
小説をご覧になった方で、「もしこうしたらいいよ~」とかご意見・要望がおありでしたら、遠慮なく仰って下さいませ♪

猫耳少女さまのリクエスト(?)より、我が家で飼っている猫写メをうpします~。
黒いのが柘榴(ザクロ)で白いアメショがククルです♪
我が家の関羽・張飛・・・・かな?(ぇ
小説に行く前に返信いたします~。


返信の法・LV1
猫耳少女さま>>
機械が不良だったっぽいですね・・・・。
自分のタイミングの悪さにウンザリしちゃいます(笑

典韋の鉄球化はなんか嬉しいですね!
よりパワーキャラになった感じがして好きです(´∀`人)
そして今一番輝いている孫尚香・・・・たまりません☆
ガラシャは特技で自動的に溜まるのですね!
これは確かに強キャラになる可能性が(Ъ^ー')

猫写メいいですね!
この言い方使わせて頂きます(≧∀≦)
うpしますよ~!!

もも助さん>>
30分で直るのでしたらどんなにいいことか(爆
でもラウンド1ではやりませんよ・・・・なんか常連がウザイので(つД`)

劉備・関羽・張飛でパイナップル畑!?
新たな可能性がwww

猫お休み中~


序・出会い


私があの人と初めて出会った日・・・・。
月がよく映え、冷たい夜だった。
町へ買い物に行った帰り、雨が降り始めてきたので近道して家に帰ろうとしたときのこと。
広い草原に出たら、若い男性が二人向き合っていた。
一人は白い衣に身を包んでおり、もう一人は黒い装束を身に纏っていた。
雨が強くなっていってもお互い動こうとはせず、ただただ言葉を交わすのみ・・・・。
雨音で二人の言葉は聞こえず、霧が立ち込め視界が悪くなっていくばかりだったけど、私はその二人を美しいと思った。
私が二人に見惚れているとき、白い衣を着た男がゆっくりとその場から立ち去っていった。
黒装束の男はそれを見届けた後、こちらへ振り返り歩み寄ってきた。
男は私の前まで来ると、纏っていた装束の上着を私に羽織らせた。
「こんな雨の中に居続けると体を冷やすしますよ」
私の顔を覗き込み、低くも優しい口調でその人は言った。
その人の顔はとても端整で立派な顔立ちだった。
でも一番惹きつけられたのはその人の瞳。
とても黒くて深い、そしてすべてを見透かされているような感じだった。
その人は私を送って下さると申し出た。
確かに辺りは暗く、視界も悪いので一人で帰るには危険でもあり心細くもあった。
その人は、姓を司馬、名を懿、字を仲達と名乗った。
私も自分の名を名乗ると、
「張・・・・すると春華殿は張家のご息女であられるかな?」
私の父は県令を勤めているので、自分で言うのもなんだけど張家といえば県内では有名だった。
話を聞くと、司馬懿殿は情勢を知るべく旅をしており、今日は私の父に会って軽く話をして出たところで先ほど話していた白い衣を着た男に出会ったそうだ。
現在の情勢をどう思うか、曹操軍と袁紹軍どちらが勝つか、など話していたと聞いた。
官渡では曹操軍と袁紹軍が対峙しており、曹操軍が勝てば河北に進出できる。
逆に袁紹軍が勝てば中原に進出することができるという点から、どちらもこの戦は勝たなければならない戦である。
袁紹軍三十万に対して、曹操軍七万・・・・数で見ると袁紹軍が圧倒的に有利である。
しかし、私は曹操軍が勝つとみている。
父は、
「軍団の大きさからして勝つのは袁紹だろう」
と、やはり世間と同じ評価を下すが私はそうではない。
曹操軍が青州黄巾賊百万と戦ったときは今の七万には程遠い三万近くの兵だったにも関わらず、勝利を収めている。
圧倒的な軍団数差での戦いは幾度となく経験している曹操軍の方が強い。
それに袁紹軍は、数の有利さで油断している節もある。
世間が袁紹軍が勝つと予想していても、私は曹操軍が勝つと思っている。
そのことを考えているとき、司馬懿殿はこう言った。
「春華殿は笑われるかもしれぬがこの官渡の戦い、袁紹では曹操に勝てまい」
まだ十分な長さもない顎髭を撫でながらの言葉だった。
その言葉に私はなぜか興奮を覚えた。
自分と同じ考えを持つ人がいる。
そんな感覚は初めてだった。
興奮していることを司馬懿殿に悟られないように、平然を装いながら私は司馬懿殿に理由を聞いた。
「確かに数では袁紹が勝っている。しかし、兵法も知らず、身内しか信用できずに配下の進言を聞かぬ男があの曹操に勝てるわけがない」
その後も司馬懿殿は、色々と語って下さった。
戦争のことはまったく分からない私だったけど、司馬懿殿の一言一言に惹きこまれていく感覚を覚えた。
そして、先ほどの白い衣を着た男も司馬懿殿と同じく曹操が勝つと思っていたそうだ。
私と同じ考えを持つ人がこんなにいたなんて・・・・。
今までは、人と違った考えを持っていたけどそれは自分の中で閉じ込めていた。
でも目の前にいる司馬懿殿は私と同じ考えを持っている。
その結論にいたるまでの理由は違うけど、それでも何だか嬉しい。
官渡の戦いのことを話し終えると、先ほどの白い衣を着た男の話になった。
その男の名は、諸葛亮、字を孔明と司馬懿殿に言ったらしい。
司馬懿殿は諸葛亮殿のことをすごく評価していた。
的確な情勢の捉え方から兵法、また、先を読む思考には司馬懿殿が驚くほど素晴らしかったらしい。
「この時代に彼のような逸材が世に出ていないとは・・・・天はまだ乱世を求めるのか」
と、嘆くように言った。
しかし、先ほどの嘆きとは別に喜ぶように、
「諸葛亮・・・・彼は我が永遠の敵となるかもしれぬな」
と、言った。
司馬懿殿の笑顔はとても可愛らしく感じた。
私よりは年上だけど、その笑顔には少年のように純粋に心から喜んでいるような・・・・。
このとき、気付いた。
私は司馬懿殿に惹かれている。
まだ会ってからそんなに時間は経っていないというのに・・・・。
その後も、世間話を続けた。
それでも時が経つのは早く、あっという間に私の家に着いた。
まだ話をしたかった・・・・そんな想いが私の頭によぎる。
そんなことを考えている私の頭を撫でながら司馬懿殿は、
「体が冷えているでしょうから、温まってからお休みなさい」
と、諭すように優しく言ってくれた。
その言葉が嬉しくて、私は司馬懿殿の袖を引っ張って、
「また・・・・会ってくださいますか?」
と、自分でも無意識のうちに聞いていた。
言ってしまったものはどうしようもないけど、それが恥ずかしくて司馬懿殿の顔も見れずに俯いてしまった。
司馬懿殿は、
「えぇ、喜んで会いに来ましょう。私も春華殿と話をしたいですから」
と、快く引き受けてくれた。
その返事がとても嬉しいけど、やっぱり恥ずかしくて顔を上げることができなかった。
再び会う約束を交わして私たちは別れた。
雨が冷たく、月がよく映えた日・・・・私とあの人は初めて出会った。
このページのトップへ

コメント

猫写メありがとうございます(≧∀≦)
柘榴ちゃんもククルちゃんも可愛いーww
肉球がたまりませんな!w(*´Д`*)とっても癒されましたww

…なんて素敵な小説(ノ∀`*)
羨ましい限りでございます(笑)

  • 2007/09/15(土) 19:44:32 |
  • URL |
  • 猫耳少女 #qsvP4ThM
  • [編集]

なんて素敵な小説Σ( ̄□ ̄;)私よりも格段に上手じゃないですかっ
仲達の印象がちと違うのは若いからですね。官渡辺りだと20ぐらいでしょうか。

こういう史実に沿った小説は面白いですよね。
私のは自己満足の為だから、時代無視のパラレル設定に…これはこれで面白いものもありますけどね('`)

とにかく、ありがとうございました('`*)

  • 2007/09/15(土) 20:49:22 |
  • URL |
  • 綾月 #-
  • [編集]

 小説はヂップでください(ぇ 続きは来週にでも(ぉぃ
 最近は小説書いてないなぁ。脳働かせてないです。史実もんを書くのも面白そうだし、久しぶりに・・・・?
 ってか、序章でこの長さだと本編は、ブログを必死でスクロールしないといけなさそうw
 学生時代も超長編だったしね♪ 期待してますよ。

  • 2007/09/18(火) 22:04:40 |
  • URL |
  • もも助 #-
  • [編集]

すごく情景がきれいですね
出会いが月夜とは(≧w≦)
それに雨。
あ、なんとなく司馬夫婦は雨のイメージがあったもので。

続きが気になるっ!!!
続きが早く見たいですー(≧▽≦)

  • 2007/09/19(水) 00:24:14 |
  • URL |
  • 桜瀬 #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://soumoutoku.blog95.fc2.com/tb.php/54-3aa81cbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

蒼崎勇嘉

Author:蒼崎勇嘉
現住所:名古屋市

君主名:アリエータ
位:10品

メインデッキ
SR張春華・SR曹操・SR関羽(鬼神)・SR賈ク・R楽進

鬼神様でこのデッキは成り立っています♪
魏で最初に引いたSRが張春華という特別な思い入れがあるため、張春華は絶対に外しませんwww

当ブログはリンクフリーです☆

カテゴリー

最新の記事

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。